読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18卒文系就活生うるしの就活記録

18卒文系就活生うるしの文句と不安垂れ流し就活記録です。

合同説明会に行く意味はあるのか

こんにちは。

うるしです。

 

今日は合同説明会についてです。

 

先週合説に行ってきました。

可愛い子沢山いましたよ!

こんな田舎にもたくさんのかわいい女の子がね!

それを見て私は思い出しました。

就活はよっぽどじゃない限り、かわいい順に内定が出る。

という言葉。

この可愛いには、見た目もですが愛嬌も含まれるらしいです。

 

あーあの子たちがすぐに内定の出るかわいいガールズなんだなーとか思っていました。

 

 

 

 

合同説明会といえばどんなイメージでしょう。

テレビなんかで一度見たことのあるあの真っ黒の人だかりのイメージがあるのではないでしょうか。

私はそうでした。

あんな人ごみの中に行くのは嫌だなー。

というのが第一の感想。

結局就活解禁してすぐの地元でのナビサイト主催合説には行きませんでした。

だって面倒だもん。

私は極度のめんどくさがりなんですよ。

 

だけど不安になりました。

行った方がいいのではないかと。

そこでググりました。

 

合説 行く意味

 

合説 行くべき?

 

と。

そして行く意味がないという意見を見て大義名分を得た私は家にいたのでした。

しかし私は先週、地元で行われた合同説明会にどんなもんかと行ってみたのです!

なんちゃらナビのではなかったですが。だから人が少ないことを期待して。

 

合同説明会に行く意味はあったのか。

 

合説に実際行ってみて

 

私は

 

合同説明会に行く意味は、なかった。

 

と思いました。

 

もちろん行く意味があったと思う人はいるでしょう。

ただ私は、行く必要性を感じませんでした。

それは私が就活に夢も希望も持たないやる気のない学生だからということが大きいかも。

(夢も希望も持たないのは、周りの人間からえり好みできる身分じゃない学生が企業を選べるわけないだとか、好きな仕事には就けないだとか、こういう仕事がやりたいとか言ってる学生は考えが甘い、お前たちは選ばれる側だからとか言われた結果ですね。間違ってるわけではないと思いますけども)

やる気のないクズなのが理由としては大きいですが。

 

 

 

他の理由としては、

説明会の内容がパンフレットに書いてあることである

ブースに誘われる

疲れる

です。

 

一つ目はお判りでしょう。

大体一つの企業30分くらいでした。

どんな事業をやっているのか。

とか

入社したらこんな研修があって

とかです。

 

書いてあるじゃーん。

っていうね。

 

二つ目ですが。

合説は、うろちょろしていると企業の人に話しかけられます。

どういうところ探しているの?とかなんとか。

無視するわけにはいかないので、答えますよね。

そうすると、

うちはこういうことやってるんだ。よかったらあそこにブースがあるから見ていかない?

といわれます。

あははー

なんつってたら

 

いつのまにかブースに座っているではありませんか!

 

押しに弱い性格のため、断れずあれよあれよとブースに座っていました。

 

私の性格がダメでした。

きっちりと断らなければいけないのに。

そんな感じで合説は終わってしまいました。

 

私のように押しに負けてしまう人は要注意ですよ。

下手したら募集要項を満たさない企業の説明を聞く羽目になってしまいます。

 

三つめは

疲れるです。

大変です。

やっぱり人が多いし。

 

 

お目当ての企業があるならば行く価値はありましょうが、

まあ

行かなくてもいいんじゃないかなと思いました。

 

うん。

 

あああと見もしなかった企業に巡り合えたとか視野が広がったとかいう話がありましたが、参加企業をググればオッケーですよね?

とか思ったり―。

 

それでは。