読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18卒文系就活生うるしの就活記録

18卒文系就活生うるしの文句と不安垂れ流し就活記録です。

結局は印象がすべてだという話

こんにちは。

今日、原宿へ出陣したうるしです。

 

どこを見ても人ヒトひと…

すごい量ですね。

そして車が爆音鳴らしながら走っているし…

怖い。

 

しかも気温が高いうえに、人ごみですから

暑い暑い

でも楽しかったです。

 

しゃれおつなスープのお店に入ってご飯を食べました。

 

まあ私の原宿出陣の話はどうでもいいのですが。

 

 

 

 

本題です。

 

昨日も電車に乗って移動したんです。

行きの電車で、就活生と思しき人が爆睡していました。

 

きっと朝早く起きて疲れているんだろうなと思っていましたが。

 

ちょっとお足をお伸ばしになって寝ていました。

分かります分かります。

ちょっとお邪魔でございましたが。

足も疲れますよね。

 

どうか会社の方が見てないことを願うばかりですが。

 

 

 それを見て思ったことですが。

結局企業の方は、面接や説明会でしかその人のことを見ることができないですよね。

面接でめちゃくちゃ愛想がよくて、明るくて、積極的な様子の人が

実はとんでもない人だったってこともありうるかもしれません。

 

 

面接やらなんやらで化けの皮をはがそうとしてきますが、

結局、にこにこして大きな声で積極性アピールしていれば

いい印象を植え付けることができると思うんです。

 

あとよく人事の方は何人もの就活生を見てきているから目が肥えているなんて言いますけど、人事歴なんて人によって違いますから、一概にすべての人事の目が肥えているとは思えないです。

 

 

 

 

認知症の人は、細かいことは覚えていなくとも

その人が自分に悪いことをしたとか、いいことをしたということは覚えているらしいです。

 

それと同じで、とんでもなく印象が良ければ、ちょっとしたことではマイナスにはならないのではないかと。

 

めちゃくちゃ明るくて、にこにこしている人

暗くてにこにこしない人

が同じ失敗をしたとしたら

後者はめちゃくちゃ印象悪くなりますよね

 

と思いました。

 

ただ、失敗が大きすぎると、

印象がいいからの落ちようが半端ないですけどね。

 

100点取ったど

と思っていたテストが50点だった時と

20点だろう

と思っていたテストが50点だった時みたいな

 

でも面接なんて時間が限られていますから、

20点からの50点なんて時間的に難しい気もしますが。

難易度も高いですし。

人間、悪いところの方が目につきますよね。

 

 

 

面接でうまくばれずに乗り越える人だっていると思います。

人間必ず外面はあると思いますし、

それが就活用のものだというだけかもしれません。

 

 

面接なんて結局は部下にしたい人、一緒に仕事をしたい人を選んでいるわけですから。

 

仕事ができる人が欲しいなら、インターンみたいなことを選考でさせればいいのですから。

 

 

結局は人事の人の好き嫌いですよ。

 

 

だから印象さえよければいいんじゃないでしょうか

 

ということを考えたのでした。

 

そしてそれができない私。

その印象づくりだって結局はありのままではないのです。

 

入ってから、思っていたのと違った!

と思われるのは嫌です…

 

相手もいやでしょうし…

 

 

はい。

 

というか

面接って無駄じゃないか

ということを小声で言っときます。

 

 

それでは。